Tae-chu | たえちゅー
 2013年2月にシンガーソングライターのTae(Vo)とアレンジャー&サウンドプロデューサーのヨースケ(Pf,Cho)によって結成された2人組ポップスユニット。
 「丸森から世界へ」。宮城県は丸森町を拠点とし、現地の自然と人々の温かさを基盤に、どことなく懐かしさを感じさせるようなサウンドが注目を集め、全国各地で活躍中。
 2013年5月11日に発表した初の音源である、1stマキシシングル「Tae-chu」に収録の「マーブル雲」が、コンサートホール仙台駅前店のCMソングに起用される。2014年1月15日、初のフルアルバム「mu:zik」(むーじっく)を全国発売。同3月11日には東日本大震災から3年経っての心境をTae-chuなりに綴ったチャリティーシングル「かくれんぼ」を配信限定で発表。地元のキー局であるDate fmやTBC東北放送など多くのメディアに取り上げられ、心に突き刺さるようなメッセージが涙を呼ぶとして、好評を博している。同10月15日に発表した2ndマキシシングル「オモイデ日記」は、地元の丸森町の良さを切々と歌い上げ、TBC東北放送のニュース番組『Nスタみやぎ』にて、東日本大震災による丸森町の風評被害とともに取り上げられる。そのような地元に根ざした活動が評価され、同11月27日、宮城県丸森町合併60周年記念式典において『功労賞』を授賞。さらに2015年7月14日には、同町初のPR大使に任命される。同10月7日に2ndフルアルバム「命の時間」をリリースすることに際して、10月10日、400人収容規模のホールにて初の単独コンサートを開催し、大成功をおさめる。2017年7月1日には「オモイデ日記」が宮城県民共済のCMソングに起用される。